【Microsoft Azure】サブスクリプションの停止方法と支払い方法の削除

Cloud

Microsoft Azure のサブスクリプションの停止手順と支払い方法の削除手順

筆者は昨年の今時期ごろから、Microsoft Azure の無料プランで、IaaS や PaaS などを利用していましたが、先日、無料期間の12か月を超えてしまったため、「Azure Virtual Machines」や「Azure Blob Storage」など、使用したかったサービスが無料で利用することができなくなりました。

いつでも無料の「Azure App Service」は、継続して無料で利用できますが、それだけでは少し魅力を感じないため、一旦、サブスクリプションの停止と支払い方法の削除をおこないます。

今回は Microsoft が公開している情報をもとに、サブスクリプションの停止手順と支払い方法の削除手順を解説したいと思います。

なお、Microsoft Azure の無料プランの説明に関しては割愛いたします。詳しくは、Microsoft の公式サイトをご確認ください。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手順の確認

Microsoft が公開している情報をもとにサブスクリプションの停止手順と支払い方法の削除手順を確認したいと思います。


まず、支払い方法の削除手順を確認するため、Microsoft の公式サイトにアクセスしてみます。

Microsoft の公式サイトでは、クレジットカード情報を削除する場合、「サブスクリプションが完全に削除されていないとカード情報が削除できない」と、説明されています。
したがって、はじめにサブスクリプションの削除が必要になります。

では、サブスクリプションの削除手順を確認するため、再度、Microsoft の公式サイトにアクセスしてみます。

Microsoft の公式サイトでは、「サブスクリプションをキャンセルする前にサービスのシャットダウンやリソースとリソースグループの削除を推奨している」と、説明されています。

以上を踏まえ、以下にサブスクリプションの停止方法と支払い方法の削除手順をまとめました。

手順
  1. リソースとリソースグループの削除
  2. サブスクリプションのキャンセル・削除
  3. 支払い方法の削除




リソースとリソースグループの操作

今回は、あらかじめリソースやリソースグループを削除した状態からスタートしたいと思います。したがって、リソースやリソースグループは確認のみといたします。


Azure のポータルサイトから [すべてのリソース] や [リソースグループ] を確認すると、すでに何もない状態です。
そのため、サブスクリプションはキャンセルと削除ができる状態となります。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




サブスクリプションの操作

リソースやリソースグループが無いことが確認できましたので、サブスクリプションのキャンセルと削除ができる状態です。
では、サブスクリプションのキャンセルと削除手順を解説いたします。


サブスクリプションのキャンセル

まず、サブスクリプションのキャンセル手順を解説いたします。


サブスクリプションの一覧からキャンセルするサブスクリプションをクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します

サブスクリプションのキャンセル前の [状態] は [アクティブ] です。




次に、サブスクリプションの画面上部のメニューから [サブスクリプションの取り消し] をクリックします。
また、サブスクリプション取り消しの確認画面で [サブスクリプション名を入力する] にサブスクリプション名を入力し、[サブスクリプションの取り消し] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




サブスクリプションが取り消されると、[通知] にメッセージが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[サブスクリプションのキャンセル] が表示されます。通知メッセージの内容を確認すると、「Azure ポータルへの反映には時間がかかる」と、表示されています。




通知メッセージの内容に従い、10分後にサブスクリプションの一覧を確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

サブスクリプションのキャンセル後の [状態] は [無効] に切り替わっています。

10分後の確認で [状態] の表示が変化しましたが、それ以上の時間がかかる場合もありますので、ご注意ください。




なお、サブスクリプションの [状態] が [無効] に切り替わっても、すぐにクレジットカード情報をデタッチすることはできません。

画像クリックで拡大画像を表示します

サブスクリプションは削除されてませんので、クレジットカード情報のデタッチは実行できません。




サブスクリプションの削除

続いて、サブスクリプションの削除手順を解説いたします。

なお、サブスクリプションの削除をする場合、サブスクリプションのキャンセルから「3日」待つ必要があります。

画像クリックで拡大画像を表示します

サブスクリプションのキャンセル直後にサブスクリプションの削除を実行するとメッセージが表示されます。


サブスクリプションが削除できるまでの期間に関しては、Microsoft の公式サイトで説明されています。




サブスクリプションの一覧から削除するサブスクリプションをクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します

サブスクリプション削除前、サブスクリプションの [状態] が [無効] になっていることを確認します。

もし、サブスクリプションの [状態] が [無効] になっていない場合、再度、「サブスクリプションのキャンセル」を実施してください。




次に、サブスクリプションの画面上部のメニューから [削除] をクリックします。
また、サブスクリプション削除の確認画面で [サブスクリプション名を入力する] にサブスクリプション名を入力し、[削除] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




サブスクリプションが削除されると、[通知] にメッセージが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[削除] が表示されます。通知メッセージの内容を確認すると、「Azure ポータルへの反映には数分かかる」と、表示されています。




通知メッセージの内容に従い、数分後にサブスクリプションの一覧を確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

数分後では Azure ポータルに反映されません。筆者の環境では、2日後に反映されました。




支払い方法の操作

サブスクリプションの削除ができましたので、クレジットカードのデタッチと削除手順を解説いたします。
なお、Azure プランに登録されたクレジットカード情報と Microsoft アカウントに登録されたクレジットカード情報があり、それぞれの削除手順を解説いたします。


クレジットカードのデタッチ

まずは、クレジットカードのデタッチ手順です。


Azure ポータルから Cost Management 画面を開きます。

画像クリックで拡大画像を表示します

Cost Management 画面のサイドメニューから [支払方法] をクリックします。




支払方法画面が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[既定の支払い方法] に表示されたクレジットカード情報の [デタッチ] をクリックします。




支払い方法のデタッチ確認画面が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

支払い方法のデタッチ確認画面で、[デタッチ] をクリックします。




支払い方法がデタッチされると、[通知] にメッセージが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[支払い方法がデタッチされました] が表示されます。




支払方法画面の更新後、[既定の支払い方法] に表示されていたクレジットカード情報が消去されます。

画像クリックで拡大画像を表示します




クレジットカード情報の削除(Azure プラン)

続いて、Azure プランに登録されたクレジットカード情報の削除手順を解説いたします。


支払方法画面の [クレジットカードとデビットカード] に表示されているクレジットカードからメニューを表示します。

画像クリックで拡大画像を表示します

メニューから [削除] をクリックします。




支払い方法の削除確認画面が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

支払い方法の削除確認画面で、[削除] をクリックします。




支払い方法が削除されると、[通知] にメッセージが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[支払い方法の削除が正常に完了] が表示されます。




支払方法画面の更新後、[クレジットカードとデビットカード] に表示されていたクレジットカード情報が消去されます。

画像クリックで拡大画像を表示します




クレジットカード情報の削除(Microsoft アカウント)

最後に、Microsoft アカウントに紐づくクレジットカード情報の削除手順を解説いたします。

なお、 Microsoft アカウントに紐づくクレジットカード情報の削除が不要な場合、この作業は不要となります。


画面上部のアカウントのメニューを表示します。

画像クリックで拡大画像を表示します

メニューから [Microsoft アカウント] をクリックします。




Microsoft アカウント画面が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

画面上部のメニューから [支払いと課金情報] をクリックします。




支払いの管理画面が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[お支払い方法] に表示されたクレジットカードの中から、該当するクレジットカードの [カードを削除する] をクリックします。




クレジットカード情報の削除確認画面が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

クレジットカード情報の削除確認画面で、[削除] をクリックします。




筆者が実施した時は、[支払い方法を削除できませんでした。] が表示されましたが、再度、支払いの管理画面を表示するとクレジットカード情報が削除されていました。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




ヘルプとサポート

もし、サブスクリプションのキャンセル/削除、また、クレジットカードのデタッチ/削除が正常にできない場合など、ヘルプとサポートから Microsoft へ問い合わせることができます。
丁寧な対応でサポートしてくれますので、お困りの場合は、活用してみてはいかがでしょうか。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




まとめ

以上が、サブスクリプションの停止方法と支払い方法の削除手順となります。

いかがでしたでしょうか。

Mirosoft Azure は、簡単に始めることができますが、Mirosoft Azure をは簡単に終わらすことができませんでした。

サブスクリプションの取り消しや削除、また、支払い方法のでタッチや削除など、その手順を確立するために、調査を含め苦労いました。

「サブスクリプションの取り消し後、3日経過しないとサブスクリプションが削除できない」

などの情報も、調査しないとわからない情報でしたので、「Azure 無料アカウント FAQ」の「よく寄せられる質問」にあると便利だと思いました。

この記事が、Mirosoft Azure の無料プランを終わらせる際の手助けになればと思い、記事にいたしました。



本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。




最後までお読みいただきありがとうございました。


では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Cloud
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました