【GitHub】SSH キーの設定とVisual Studio 2019 からの SSH 接続【開発メモ】

Code

GitHub への SSH キー設定と Visual Studio 2019 からの SSH 接続

筆者は検証のためにプログラムミングしたソースファイルは GitHub で管理しています。

また、筆者が使い慣れた開発言語「C#.NET」のプログラミングには Visual Studio 2019 Community(以下、Visual Studio と呼びます)を利用しています。

個人的な検証のために利用しているため、それほど利用頻度は高くありませんが、その分、開発をするたびに GitHub へのサインインを煩わしく感じていました。
そこで、GitHub に SSH キーを設定し Visual Studio から SSH で接続可能な構成に変更したいと思います。

また、SSH キーの作成に関しては Ubuntu をインストールした仮想マシン(以下、Ubuntu と呼びます)で実施いたします。

なお、GitHub と Visual Studio の連携は割愛いたします。GitHub と Visual Studio の連携に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SSH キーの作成と GitHub の設定

では、SSH キーを作成し GitHub への設定手順を解説いたします。

なお、GitHub への SSH 接続確認に関しては Ubuntu から実施いたします。また、Ubuntu の構築順は割愛いたします。Ubuntu の構築手順に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。


SSH キーの作成

ます、SSH キーの作成手順を解説いたします。




Ubuntu にログインしターミナル開きます。
また、SSH キーを作成するため、以下のコマンドを実行します。

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C 'GitHub登録済みメールアドレスなど'
画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します


今回の検証では、パスフレーズを設定していません。セキュリティのためにもパスフレーズを設定することをおススメします。




SSH キーを確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

正常に SSH キーが作成されました。



GitHub の設定

続いて、SSH キーを GitHub に設定する手順を解説いたします。


GitHub へアクセスし GitHub へサインインします。

画像クリックで拡大画像を表示します

プルダウンメニューから [Settings] をクリックします。




次に、[Account settings] → [SSH and GPG Keys] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します




次に、[SSH and GPG Keys] の設定ウインドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[SSH keys] の [New SSH Key] ボタンをクリックします。




次に、[SSH keys / Add new] の設定ウインドウが表示されます。
[Title]、[Key] を設定し [Add SSH Key] ボタンをクリックします。なお [Key] には「SSHキーの作成」で作成された「id_rsa.pub」ファイルの内容をを設定します。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、[SSH and GPG Keys] の設定ウインドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[SSH keys] に設定した内容が表示さます。

以上で、GitHub への SSH キー設定は完了となります。



GitHub への SSH 接続確認

続いて、Ubuntu から GitHub へ SSH 接続確認を実施いたします。



Ubuntu から GitHub へ SSH 接続を実施するため、以下のコマンドを実行します。

ssh -T git@github.com
画像クリックで拡大画像を表示します

Ubuntu から GitHub へ SSH 接続が確認できました。



SSH 設定(Windows、Visual Studio)

続いて、Windows および Visual Studio へ SSH を設定する手順を解説いたします。


GitHub への SSH 接続確認(設定前)

まず、SSH の設定前に GitHub への SSH 接続確認を実施いたします。


Visual Studio を開き ソースコードを修正します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Git変更] から [すべてをコミット] を実行し [プッシュ] をクリックします。




GitHub へサインインしていない場合「Connect to GitHub」ダイアログが表示されます。また、「GitHub Login」ダイアログが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




GitHub へサインイン(ログイン)しない場合、リモートリポジトリへソースファイルをプッシュすることはできません。

画像クリックで拡大画像を表示します



Windows の設定

SSH を設定しない場合、Visual Studio から GitHub への SSH 接続ができません。そのため、SSH を設定いたします。


まず、Windows の設定となります。
エクスプローラーを開き、「.ssh」フォルダを開きます。

画像クリックで拡大画像を表示します

「.ssh」フォルダに「SSH キーの作成」で作成された「id_rsa」をコピーします。

以上で、Windows の設定は完了となります。


「C:\Users\[ユーザー]\.ssh」が「.ssh」フォルダのパスとなります。「.ssh」フォルダが存在しない場合はコマンドプロンプトから作成してください。



Visual Studio の設定

続いて、Visual Studio の設定手順を解説いたします。


Visual Studio を開きます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[チームエクスプローラー] から [接続] → [設定] をクリックします。




「オプション」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[環境] → [ソース管理] → [Git リポジトリの設定] → [リモート] をクリックします。

また、[編集] ボタンをクリックします。


検証した環境は、すでに GitHub と接続しています。そのため、フェッチ、プッシュ情報が設定された状態です。

初期構築の場合は [追加] ボタンをクリックし、フェッチ、プッシュ情報を追加してください。



「リモート origin の編集」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[フェッチ] を設定し [保存] ボタンをクリックします。


フェッチ、プッシュ方式は、以下の通りです。

HTTP方式 https://github.com/user/repo
SSH 方式 git@github.com:user/repo.git




「オプション」ウィンドウに戻ります。

画像クリックで拡大画像を表示します

フェッチとプッシュが変更されていれば、Visual Studio の設定は完了となります。



GitHub への SSH 接続確認(設定後)

最後に GitHub への SSH 接続確認を実施いたします。


GitHub への SSH 接続確認(設定前)」では、ソースファイルのプッシュに失敗しました。

画像クリックで拡大画像を表示します

再度 [Git変更] の [プッシュ] をクリックします。




「Validate Host Fingerprint」ダイアログが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Yes] をクリックします。




リモートリポジトリにソースファイルをプッシュすることができました。

画像クリックで拡大画像を表示します



GitHub を確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

GitHub からもソースファイルが更新されていることを確認できました。



まとめ

以上が、GitHub への SSH キー設定と Visual Studio 2019 からの SSH 接続設定となります。

いかがでしたでしょうか?

SSH を設定することで GitHub へのサインイン(ログイン)行為をすることなくソースファイルをプッシュすることができるようになりました。

毎回、サインイン(ログイン)行為が問題ない方や SSH を設定できない環境の方には不要な設定となりますが、そうでない方は難しい設定ではありませんので SSH を設定してみてはいかがでしょうか。

GitHub へ SSH キーを設定すれば、他にも Ubuntu Server 構築時の SSH 設定が簡単にできるようになるメリットもあります。




ここ数年でサインインやログイン、また、ログオンとか、言葉が違えどほぼ同じように使っているように感じます。言葉を統一して欲しい。



本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。




最後までお読みいただきありがとうございました。


では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Code
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました