【SQL Server 2019】Ubuntu 20.04 Server へインストール

Database

SQL Server を Ubuntu 20.04 Server へインストールする

SQL Server は、Windows OS だけではなく、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) や Ubuntu など、いくつかの Linux OS でもサポートされています。

今回は、その中でも Ubuntu をピックアップし、SQL Server をインストールしてみたいと思います。

対象クライアントには、Ubuntu 20.04 Server で構成した仮想マシンを使い、SQL Server 2019 Developer エディション(以下、SQL Server と呼びます)をインストールし、その手順を解説したいと思います。

なお、SQL Server を Windows へインストールする場合は、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

環境紹介

簡単ではありますが、機器構成など環境に関して紹介したいと思います。


対象クライアントは、ドメインに所属しています。

画像クリックで拡大画像を表示します

なお、AD サーバは、Ubuntu 20.04 Server に構築しています。

AD サーバの構築手順は、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。



SQL Server の構築

では、SQL Server の構築手順を解説いたします。

なお、インストール手順は Microsoft の公式サイトで紹介されていますので、そちらに従い実施していきたいと思います。




SQL Server のインストール

Ubuntu の場合、リポジトリ情報を追加し SQL Server のパッケージをインストールする手順となります。


パブリックリポジトリの GPG キーをインポートするため、以下のコマンドを実行します。

wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、SQL Server 用のリポジトリを登録するため、以下のコマンドを実行します。

sudo add-apt-repository "$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/20.04/mssql-server-2019.list)"
画像クリックで拡大画像を表示します

Ubuntu のバージョンにより、URL は変わりますので注意してください。



次に、パッケージのインデックスを更新するため、以下のコマンドを実行します。

sudo apt update
画像クリックで拡大画像を表示します

SQL Server 用のリポジトリも更新されています。




次に、SQL Server をインストールするため、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install -y mssql-server
画像クリックで拡大画像を表示します

環境により差異はあると思いますが、インストールは、1~2分で完了しました。




次に、SQL Server の簡単な初期設定を実施するため、以下のコマンドを実行します。

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup
画像クリックで拡大画像を表示します

インストールを開始する前に、利用するエディションを設定します。本稿の例では、Developer エディションを利用するため、[Enter your edition] に [2] を指定します。




次に、ライセンス条項に同意をします。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Do you accept the license terms?] に [Yes] を指定します。




次に、SA のパスワードを設定します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Enter the SQL Server system administrator password] 、また、[Confirm the SQL Server system administrator password] に SA のパスワードを設定します。




SQL Server の簡単な初期設定が完了したら、サービスを確認するため、以下のコマンドを実行します。

systemctl status mssql-server --no-pager
画像クリックで拡大画像を表示します

SQL Server が正常に動作しています。




SQL Server 用ツールのインストール

続いて、sqlcmd や bcp など、おなじみの SQL Server ツールをインストールします。

なお、対象クライアントに curl がインストールされていることが前提となります。


パブリックリポジトリの GPG キーをインポートするため、以下のコマンドを実行します。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、SQL Server ツール用のリポジトリを登録するため、以下のコマンドを実行します。

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/20.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list
画像クリックで拡大画像を表示します

Ubuntu のバージョンにより、URL は変わりますので注意してください。




次に、パッケージのインデックスを更新するため、以下のコマンドを実行します。

sudo apt update
画像クリックで拡大画像を表示します

SQL Server ツール用のリポジトリも更新されています。




次に、unixODBC 開発者パッケージをインストールするため、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install unixodbc-dev
画像クリックで拡大画像を表示します

筆者の環境だけかもしれませんが、unixodbc-dev を先にインストールしていないと、次の mssql-tools がインストールできませんでした。




次に、SQL Server ツールをインストールするため、以下のコマンドを実行します。
また、ライセンス条項に同意するため、[Yes] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。

sudo apt install mssql-tools
画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




再度、ライセンス条項に同意するため、[Yes] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。

画像クリックで拡大画像を表示します

環境により差異はあると思いますが、インストールは、1分程度で完了しました。




次に、sqlcmd と bcp へのパスを通すため、以下のコマンドを実行します。

sudo echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc
画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




SQL Server の検証

SQL Server の構築が完了しましたので、SQL Server を検証したいと思います。


まず、SQL Server を構築したクライアントから、SQL Server へ接続するため、以下のコマンドを実行します。

sqlcmd -S 192.168.255.53 -U SA -P 'password'
画像クリックで拡大画像を表示します

無事、SQL Server 認証で接続することができました。




次に、別のクライアントにインストールした SQL Server Management Studio(以下、SSMS と呼びます)から接続を実施します。

画像クリックで拡大画像を表示します

別のクライアントにインストールした SSMS からも SQL Server 認証で接続することができました。




ちなみに、以下は、SQL Server のプロパティ(全般)です。

画像クリックで拡大画像を表示します

[オペレーティングシステム] は [Ubuntu (20.04)] と表示されていますので、SQL Server が Ubuntu に構築されていることがわかります。




まとめ

以上が、SQL Server の Ubuntu 20.04 Server へのインストール手順となります。

いかがでしたでしょうか?

まだ、SQL Server を Ubuntu 20.04 Server へインストールしただけの段階ですので、それほど複雑な手順ではなかったと思います。

基本的には、Microsoft の公式サイトで紹介されている通りの手順で実施すれば問題はないと思います。

今回は、ドメインに参加したクライアントに SQL Server をインストールしましたので Windows 認証の手順も解説したかったのですが、長くなりそうですので、一旦、区切りました。

Windows 認証に関しては、次回の記事で解説いたしますので、よろしければこちらもご覧ください。





本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。




最後までお読みいただきありがとうございました。



では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Database
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました