【Ubuntu】phpMyAdminをインストールしてWebブラウザで管理【データベース】

Database

phpMyAdmin を使ってデータベースを管理する

Ubuntu など Linux OS へデータベースをインストールした場合、それだけでもデータベースを管理することは可能ですが、その場合 CUI ベースでの管理となります。

しかし、それでは非効率で、しかもインストールすることで GUI からデータベースを操作することが可能な管理ツール(以下、データベース管理ツールと呼びます)も存在するため、少しもったいない気がします。
インターネットに公開している場合ならいざ知らず、ロカール環境にデータベースをインストールしている場合は データベース管理ツール「phpMyAdmin」をインストールし活用して問題ないはずです。

したがって、今回はデータベース管理ツールをインストールし、データベースに接続する手順を解説したいと思います。

なお、「phpMyAdmin」する環境には、以前、投稿した記事で紹介した WordPress を構築した Ubuntu Server を使用します。なお、その環境では RDB に「MariaDB」をインストールしています。Ubuntu Server への WordPress 環境を構築する手順に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

GUI操作ツールの構築

以下の手順にて phpMyAdmin の構築を実施いたします。

手順
  1. GUI操作ツール用パッケージのインストール
  2. DB接続ユーザーの作成
  3. GUI操作ツールの設定
  4. シンボリックリンクの作成
  5. 変更内容の反映




GUI操作ツール用パッケージのインストール

では、Ubuntu Server へ phpMyAdmin をインストールする手順を解説いたします。

なお、ターミナルソフトには Tera Term を使用します。




まず、Tera Term を起動し、Ubuntu Server に接続します。

画像クリックで拡大画像を表示します




次に、phpMyAdmin をインストールするため、以下のコマンドを実行します。
また、インストールの続行確認メッセージが表示されるため、キーボードの [Y] キーを押します。

sudo apt install phpmyadmin
画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、Web サーバー自動構成の確認メッセージが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

apache2 を選択し [Ok] を選択しキーボードの [Enter] キーを押します。




次に、データベースインストールの確認メッセージが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

本稿の例では RDB に MariaDB がインストールされてるため [No] を選択しキーボードの [Enter] キーを押します。

以上で phpMyAdmin のインストールが完了となります。




DB接続ユーザーの作成

続いて、データベースへの接続ユーザーの作成手順を解説いたします。

データベースへの接続ユーザーの作成手順に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。




まず、MariaDB へ接続するため、以下のコマンドを実行します。

sudo mysql -u root -p
画像クリックで拡大画像を表示します


パスワードの入力が求められるため、適切なパスワードを入力します。




次に、データベースへの接続ユーザーを作成するため、以下のコマンドを実行します。

create user 'tamaoadmin'@'localhost' identified by 'tamaopassword'
画像クリックで拡大画像を表示します

本稿の例では「tamaoadmin」という名前のユーザーを作成しています。

また、そのユーザーのパスワードは「tamaopassword」としています。





次に、データベースに権限を与えるため、以下のコマンドを実行します。

grant all on *.* to 'tamaoadmin'@'localhost';
画像クリックで拡大画像を表示します

本稿の例では、先ほど作成したユーザー「tamaoadmin」へすべての権限を与えています。




次に、権限を反映するため、以下のコマンドを実行します。

flush privileges;
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、ユーザーと権限を確認するため、以下のコマンドを実行します。

show grants for 'tamaoadmin'@'localhost';
画像クリックで拡大画像を表示します

作成したユーザーとその権限を確認することができました。

以上で、データベースへの接続ユーザーの作成が完了となります。



GUI操作ツールの設定

続いて、phpMyAdmin の設定を変更する手順を解説いたします。


まず、「config-db.php」を編集するため、以下のコマンドを実行します。

sudo vi config-db.php
画像クリックで拡大画像を表示します


「config-db.php」 は 「/etc/phpmyadmin」 に配置されています。

phpMyAdmin 日本語ドキュメントによると、一部のディストリビューション( Debian や Ubuntu)の場合は、「config.inc.php」が「/etc/phpmyadmin」に配置されていると説明されています。



「 config-db.php」にデータベースへの接続ユーザーと、そのユーザーのパスワードを設定します。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します


dbuser データベースへの接続ユーザーを設定します。本稿の例では「DB接続ユーザーの作成」で作成した「tamaoadmin」を設定しています。
dbpass データベースへの接続ユーザーのパスワードを設定します。本稿の例では「DB接続ユーザーの作成」で作成した「tamaoadmin」 のパスワード「tamaopassword」 を設定しています。




次に、「phpmyadmin.conf」を編集するため、以下のコマンドを実行します。

sudo vi phpmyadmin.conf
画像クリックで拡大画像を表示します


筆者の環境では、「phpmyadmin.conf」 は「[/etc/dbconfig-common」 に配置されていました。




「phpmyadmin.conf」にデータベースへの接続ユーザーと、そのユーザーのパスワードを設定します。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します


dbc_dbuser

データベースへの接続ユーザーを設定します。本稿の例では「DB接続ユーザーの作成」で作成した「tamaoadmin」を設定してます。

dbc_dbpass データベースへの接続ユーザーのパスワードを設定します。本稿の例では「DB接続ユーザーの作成」で作成した「tamaoadmin」のパスワード「tamaopassword」を設定しています。




シンボリックリンクの作成

続いて、Apache から phpMyAdmin にアクセスするため、「phpmyadmin.conf」のシンボリックリンクを作成します。



まず、設定ファイルのシンボリックリンクを確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

「/etc/apache2/conf-available」にて ll コマンド、もしくは ls -l コマンドを実行することで確認することができます。

筆者の環境では、すでに「phpmyadmin.conf」のシンボリックリンクが作成されていました。


もし、シンボリックリンクが作成されていない場合は、以下のコマンドを実行します。

sudo ln -s /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/conf-available/phpmyadmin.conf
sudo a2enconf phpmyadmin




変更内容の反映

続いて、phpMyAdmin で変更した設定を反映する手順を解説いたします。



ます、変更内容を反映するため、以下のコマンドを実行します。

sudo systemctl apache2 restart
画像クリックで拡大画像を表示します

以上で phpMyAdmin の構築が完了となります。



GUI操作ツールからの接続確認

phpMyAdmin の設定が完了したら、続いては、MariaDB への接続確認を実施いたします。


Web ブラウザを起動し phpMyAdmin にアクセスします。

画像クリックで拡大画像を表示します

DB接続ユーザーの作成」で作成したデータベースへの接続ユーザーと、そのユーザーのパスワードを指定し、データベースへ接続します。

phpMyAdmin を使って MariaDB へ接続することができました。これで、phpMyAdmin から MariaDB を管理することができます。




まとめ

以上が、phpMyAdmin をインストールし MariaDBR へ接続する手順となります。

いかがでしたでしょうか?

手順が5つとはいえ、1つ1つの手順はそれほど難しくありませんので、セキュリティ面で許容されるのであれば phpMyAdmin をインストールしてみてはいかがでしょうか。

phpMyAdmin をインストールすれば、GUI で データベース作成やテーブル作成などのデータベース操作ができるようになりますので、効率アップが期待できると思います。
CUI のままでもよいのですが、それだと少し効率が悪いですよね。

もし、RDB の管理ツールをお探しの場合は、一度、phpMyAdmin を試してはいかがでしょうか。



本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。



最後までお読みいただきありがとうございました。


では。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

Database
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました