【WSL2】VcXsrvでUbuntu GUIアプリケーションを実行する【Xサーバー】

Windows

WSL 2 の Ubuntu の GUI アプリケーションを VcXsrv を使って Windows で実行する

Windows 10 に Windows Subsystem for Linux 2(以下、 WSL 2 と呼びます)を構築することで Windows 10 で Linux OS を 使うことができます。



しかし、X サーバーと呼ばれるアプリケーションをインストールすることで、Linux OS の GUI アプリケーションを Windows に描画し、また、その描画したアプリケーションを使うことができるようになります。

X サーバーと呼ばれるアプリケーションはいくつかありますが、その中でも「VcXsrv」を使用し Linux OS の GUI アプリケーションを使用する手順を解説いたします。

なお、Linux OS の GUI アプリケーションは「GIMP」の実行までを目標としたいと思います。

また、WSL 2 で実行する Linux OS には Ubuntu 20.04 LTS(以下、Ubuntu と呼びます)を使用します。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

VcXsrv のインストール

では、VcXsrv のインストールから手順を解説いたします。


まず、 SOURCEFORGE の公式サイトに接続し VcXsrv のインストーラーを入手します。

画像クリックで拡大画像を表示します

SOURCEFORGE の公式サイトに接続し [Download] をクリックすると VcXsrv のダウンロードが開始されます。





ダウンロードの完了後、ダウンロードフォルダを確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

VcXsrv のインストーラーがダウンロードされています。




VcXsrv の インストーラーを実行します。

画像クリックで拡大画像を表示します

「VcXsrv Setup: Installation Options」ウィンドウが表示されます。

インストールオプションを指定し、[Next] をクリックします。




次に、「VcXsrv Setup: Installation Folder」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

インストール先を指定し、[Install] をクリックします




インストールの完了後、[Close] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します

以上で、VcXsrv のインストールは完了です。




環境変数の設定

WSL 2 に利用する X サーバーを認識させるため、続いては、WSL 2 に環境変数を追加します。

WSL 2 で X サーバーに GUI アプリケーションのウィンドウを表示する場合、Ubuntu の環境変数に WSL 2 を実行している Windows の IPアドレスを追加すれば OK です。
なお、以下の画面イメージは、WSL 2 のインストール時に自動作成されたネットワークアダプターとそのネットワークアダプターの設定です。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




では、Ubuntu の環境変数の変更手順を解説いたします。

Ubuntu のコンソールウィンドウを開きます。

画像クリックで拡大画像を表示します

vi などのテキストエディタで「.bashrc」を開きます。




「.bashrc」に設定を追加し保存します。

画像クリックで拡大画像を表示します

「.bashrc」の最終行に追加すれば OK です。


以下は、「.bashrc」に追加した設定です。

export DISPLAY=$(cat /etc/resolv.conf | grep nameserver | awk '{print $2}'):0




以下は「resolv.conf」の設定内容です。

画像クリックで拡大画像を表示します

ネットワークアダプターに設定されたIPアドレスが設定されています。


環境変数の設定に関しては github を参考にしています 。



VcXsrv の起動

Ubuntu の環境変数の変更したら、続いては VcXsrv を起動します。


Windows のスタートメニューを開きます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[VcXsrv] → [XLaunch] をクリックします。




「Display settings」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Multiple windows] が選択し [次へ] をクリックします。



次に、「Client startup」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Start no client] を選択し [次へ] をクリックします。




次に、「Extra settings」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

アクセス制御の制限を無効にするため [Additional parameters for VcXsrv] に [-ac] を指定し [次へ] をクリックします。


[Additional parameters for VcXsrv] に [-ac] を指定する代わりに、[Disable access control] をチェックしても OK です。



次に、「Finish configuration」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[完了] をクリックします。

もし、Windows 起動時に VcXsrv が実行したい場合は、[完了] をクリックする前に、構成ファイルのショートカットを Windows のスタートアップに配置するために [Save configuration] をクリックします。


アクセス制御に関しては github の情報を参考にしています。



GUI アプリケーションの検証

続いて、Ubuntu の GUI アプリケーションを Windows で実行できるか検証を実施します。


電卓アプリなどのアプリケーションが入ったパッケージをインストールするため、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install x11-apps -y
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、電卓アプリを実行するため、以下のコマンドを実行します。

xcalc
画像クリックで拡大画像を表示します




Windows のデスクトップを確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

Ubuntu の電卓アプリが描画されました。




次に、GIMP が入ったパッケージをインストールするため、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install gimp -y
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、GIMP を実行するため、以下のコマンドを実行します。

gimp
画像クリックで拡大画像を表示します




GIMP のロード中にクラッシュしてました。

画像クリックで拡大画像を表示します

エラーの内容が表示された画面イメージです。



まとめ

以上が、VcXsrv のインストールと Ubuntu の GUI アプリケーションを使用する手順となります。

いかがでしたでしょうか?

VcXsrv をインストールし Ubuntu の環境変数を変更すれば、Ubuntu の GUI アプリケーションを使うことができました。
手順としては、すごく簡単だったのではないでしょうか。

ただし、Ubuntu の電卓などは描画し実行もできましたが、2021年8月時点で GIMP の描画し実行することはできませんでした。GIMP の使用を目的としていたため、残念な結果となってしまいました。

次回は MobaXterm をインストールし GIMP を描画し実行してみたいと思います。



なお、今回の検証では Windows のファイヤーウォールには触れていません。検証のためファイヤーウォール設定はすべて無効化しています。
また、検証のためウイルス対策ソフトもアンインストールしています。




本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。




最後までお読みいただきありがとうございました。


では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Windows
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました