【仮想環境】評価版 Windows Server 2022 のインストール【番外編】

Windows

仮想環境へ評価版 Windows Server 2022 をインストールする手順

去る、2021年8月18日に Windows Server 2022 が GA されました。

GA されたと言っても、Microsoft 社からアナウンスされた訳ではなく、Windows Server 2022 ライフサイクルポリシーのサイトがひっそり更新されていた感じです。

Windows Server 2022 ライフサイクルポリシーには、サポートの開始日が「2021年8月18日」と説明されていますので、その日付が Windows Server 2022 の GA 日になると思います。
なお、Windows Server 2022 の GA に伴い、Windows Server 2022 の評価版も、早速、提供されました。

今回は Windows Server 2022 の評価版のダウンロードからインストールまでの手順を解説したいと思います。

なお、仮想環境へ評価版 Windows Server 2019 をインストールする手順に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

評価版 Windows Server 2022 のダウンロード

2021年8月8日の段階ではプレビュー版がダウンロード可能でした。

画像クリックで拡大画像を表示します

それから10日あまりで評価版がダウンロード可能になっていました。




まず、Microsoft の評価版 Windows Server 2022 のダウンロードサイトに接続します。

画像クリックで拡大画像を表示します

今回は インストーラーを使って仮想環境にインストールすることが目的ですので [あなたの経験を選択してください] に [ISO をダウンロード] を選択し [OK] をクリックします。

設問の意味が不明ですね。


評価版 Windows Server 2022 は Microsoft のサイトから入手が可能です。




次に、フォームに情報を入力します。

画像クリックで拡大画像を表示します

フォームへの情報の入力後 [次へ] をクリックします。


以下は、 簡単なフォーム情報の解説です。

名を記入します。
姓を記入します。
会社名 個人的な検証で利用しますので、会社名には「個人」を記入しました。
会社の規模 個人的な検証で利用しますので、適当な人数を選択しています。
役職 個人的な検証で利用しますので、適当な役職を選択しています。
勤務先の電子メール アドレス Microsoft アカウントに登録しているメールアドレスを記入しています。
勤務先の電話番号 Microsoft アカウントに登録している電話番号を記入しています。
国/地域 日本以外の方は、自国を選択してください。
情報メールの受信希望 希望しませんでした。




次に、使用する言語を選び [ダウンロード] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します

評価版 Windows Server 2022 のインストーラーのダウンロードが開始されます。



評価版 Windows Server 2022 のインストール

評価版 Windows Server 2022 のインストーラーのダウンロードが完了したら、続いては、評価版 Windows Server 2022 のインストール手順を解説いたします。

なお、評価版 Windows Server 2022 は仮想環境(Hyper-V)にインストールいたします。
また、仮想マシンの初期設定などに関しては、 別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。





仮想マシンを起動します。

画像クリックで拡大画像を表示します

インストーラーが実行されていますので、インストーラーに従いインストールを進めます。

インストールする言語などを選び、[次へ] をクリックします。


インストールする言語 日本語(日本)
時刻と通貨の形式 日本語(日本)
キーボードまたは入力形式 Microsoft IME
キーボードの種類 日本語キーボード(106/109キー)




次に、[今すぐインストール] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します



次に、インストールするオペレーティングシステムを選び [次へ] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します

本稿では [Windows Server 2022 Standard Evaluation(デスクトップエクスペリエンス)] を選択しています。



次に、ライセンス条項に同意し、[次へ] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します



次に、[カスタム : Microsoft Server オペレーティングシステムのみをインストールする(詳細設定)] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します

アップグレードの場合は、[アップグレード : ファイル、設定、およびアプリケーションを保持して Microsoft Server オペレーティングシステム をインストールする] をクリックします。




次に、インストールする場所を選び、[次へ] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します

本稿ではパーティション分割はおこないません。

そのため、[ドライブ0の割り当てられていない域] を選択しています。



評価版 Windows Server 2022 のインストールが開始されます。

画像クリックで拡大画像を表示します



評価版 Windows Server 2022 のインストールが終了すると、自動的に再起動します。

画像クリックで拡大画像を表示します

Windows 起動後、Administrator のパスワードを入力し [完了] をクリックします。

以上で、Windows Server 2022 のインストールは完了です。



評価版 Windows Server 2022 の確認

評価版 Windows Server 2022 のインストールが完了したら、続いては、評価版 Windows Server 2022 のインストール後の確認を実施します。



評価版 Windows Server 2022 にサインインします。

画像クリックで拡大画像を表示します



次に、Windows Server 2022 の「サーバーマネージャー」ウィンドウが起動されます。

画像クリックで拡大画像を表示します




「サーバーマネージャー」ウィンドウの [ローカルサーバー] を選択すると、サーバーのプロパティが確認できます。

画像クリックで拡大画像を表示します

本稿の例では、[オペレーティングシステムのバージョン] は [Microsoft Windows Server 2022 Standard Evaluation] となっています。




また、インターネットに接続すると、画面右下にライセンス情報が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

評価版 Windows Server 2022 をインストールしているので [180 日 の間有効な Windows ライセンス] が表示されています。




次に、インターネットのプロパティを確認します。
Windows Server 2022 では、デフォルトで TLS 1.3 が使用できます。また、TLS 1.0 や TLS 1.1 を使う場合は、設定変更が必要になります。
ちなみに、右(モバイル端末では下)が Windows Server 2019 です。Windows Server 2019 では、TLS 1.3 が表示されていない代わりに TLS 1.0 や TLS 1.1 がデフォルトで使用できるようになっています。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します



次に、「設定」ウィンドウから [ネットワークとインターネット] → [イーサネット] → [DoHを構成するイーサネット] をクリックし DNS-over-HTTPS の設定を確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

「インターネット」ウィンドウの [DNS編集] の [編集] をクリックすると、優先 DNS や代替 DNS の暗号化が設定可能です。


DNS over HTTPS

DNS over HTTPS(DoH)は、リモートのDNS解決をHTTPSプロトコルを用いて実行するためのプロトコルである。

フリー百科事典ウィキペディアより引用




まとめ

以上が、評価版 Windows Server 2022 のダウンロードとインストール手順となります。

いかがでしたでしょうか?

評価版 Windows Server 2022 の インストールに関して、今までの OS から変更されて点はありませんので、特に難しい点はなかったと思います。

一方、新機能に関しては、気になる点が2つほど。
それは、「SMB over QUIC」と「Azure Automanage – Hotpatch」です。

前者の「SMB over QUIC」は、SMB を QUIC プロトコルに使用することにより、ファイルの転送時間が短縮が期待できるのではと思っています。
また、TLS 1.3 と共に SMB over QUIC を使うと、Azure のファイルサーバーと安全にアクセスできるため VPN が不要になるとのことです。これはうれしい機能ではないでしょうか。

後者は、「新しい仮想マシンのホットパッチ (プレビュー)」で説明されているように、更新プログラム適用時の再起動が不要とのことです。
これで、システム構成に Azure の VM(IaaS)をターゲットに含むためのハードルが少し下がったのではと思います。
ただ、「新しい仮想マシンのホットパッチ (プレビュー)」の中に気になる一文が・・・

「ホットパッチには、再起動を必要としない更新プログラムが含まれます。 」

とのこと。

「ホットパッチには、再起動を必要とする更新プログラムも含まれます。 」と、解釈しなくてもよいですよねー?

2011年秋には Windows 11 も GA されますので、Microsoft から、まだまだ目が離せませんね。


Windows 11 のインストール手順は、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。




本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。



最後までお読みいただきありがとうございました。


では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Windows
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました