【Ubuntu 20.04 Server】ディスクの増設手順

Linux

Ubuntu 20.04 Server へのディスクの増設する手順

Linux の場合、ディスクを追加し使えるようにするには、少し手間がかかります。

今回は、Ubuntu 20.04 Server を使って、ディスクの追加から自動マウント設定までの手順を解説していきたいと思います。

なお、使用する Ubuntu 20.04 Server は、Hyper-V に構築した仮想マシンとなります。インストールした OS は Ubuntu 21.04 Server ではありますが、仮想マシンへのインストール手順は、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ディクスの設定

では、ディスクの追加から自動マウント設定までを解説いたします。

なお、あらかじめディスクは追加された状態から開始したいと思います。仮想ディスクの追加手順は、 別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。


ディクスの確認

ディスクの設定を実施する前に、追加したディスクの状態を確認します。


ディクスの容量や追加したディスクの状態を確認するため、以下のコマンドを実行します。

df -h
sudo fdisk -l /dev/sdb
画像クリックで拡大画像を表示します

追加したディスクを確認することができましたが、まだ、今のままでは使うことはできません。




パーティションの作成

追加したディスクの状態を確認することができましたので、続いて、パーティションの追加手順を解説いたします。

以下は、fdisk コマンドのオプション一覧です。
パーティションを追加する場合は、[n] を指定します。また、パーティションテーブルを表示する場合は [p] を、設定した内容を保存する場合は [w] を指定します。

Help:

  DOS (MBR)
   a   toggle a bootable flag
   b   edit nested BSD disklabel
   c   toggle the dos compatibility flag

  Generic
   d   delete a partition
   F   list free unpartitioned space
   l   list known partition types
   n   add a new partition
   p   print the partition table
   t   change a partition type
   v   verify the partition table
   i   print information about a partition

  Misc
   m   print this menu
   u   change display/entry units
   x   extra functionality (experts only)

  Script
   I   load disk layout from sfdisk script file
   O   dump disk layout to sfdisk script file

  Save & Exit
   w   write table to disk and exit
   q   quit without saving changes

  Create a new label
   g   create a new empty GPT partition table
   G   create a new empty SGI (IRIX) partition table
   o   create a new empty DOS partition table
   s   create a new empty Sun partition table




では、パーティションを追加してみたいと思います。
パーティションを追加するため、以下のコマンドを実行します。

fdisk /dev/sdb
画像クリックで拡大画像を表示します

パーティションを追加しますので、[Command (m for help)] に [n] を指定します。




次に、パーティションタイプを指定します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Select (default p)] に [p] を指定します。




次に、パーティション番号を指定します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Partition number] には、デフォルトの [1] を指定します。




次に、開始ブロック番号を指定します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[First sector] には、デフォルトの [2048] を指定します。




次に、終了ブロック番号を指定します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Last sector] には、デフォルトの [266338303] を指定します。

なお、追加するディスクの容量により、指定する値は変わります。




次に、設定したパーティションを確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Command (m for help)] に [p] を指定します。

追加するパーティションの設定が確認できました。




最後に、追加するパーティションの設定内容を保存します。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Command (m for help)] に [w] を指定します。




ディスクのフォーマット

続いて、追加したディスクのフォーマット手順を解説いたします。


追加したディスクをフォーマットするため、以下のコマンドを実行します。

mkfs -t ext4 /dev/sdb1
画像クリックで拡大画像を表示します

ファイルシステムは「ext4」です。




自動マウントの設定

続いて、起動時に自動でマウントする手順を解説いたします。


まず、マウント先のディレクトリを作成するため、以下のコマンドを実行します。

mkdir /disk_new
画像クリックで拡大画像を表示します

本稿では、ディレクトリ「disk_new」を作成しマウントします。




次に、追加したディスクの UUID を確認するため、以下のコマンドを実行します。

blkid /dev/sdb1
画像クリックで拡大画像を表示します

UUID は「b67f6660-52a6-4e51-a787-3656063a7b2e」でしたが、UUID は環境により異なります。




次に、自動マウントを設定するため、以下のコマンドを実行します。

vi /etc/fstab
画像クリックで拡大画像を表示します

自動マウントの設定は「/etc/fstab」に追加します。




次に、ディスクの情報を追加し、再起動を実施します。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します


以下は、追加した設定内容です。
これで、追加したディスクが起動時に自動的にマウントされます。

# add /disk_new
UUID=b67f6660-52a6-4e51-a787-3656063a7b2e /disk_new ext4 defaults 0 2




ディクスの確認

ディクス設定が完了しましたので、追加したディスクを確認してみます。


ディクスの容量を確認するため、以下のコマンドを実行します。

df -h
画像クリックで拡大画像を表示します

「/dev/sdb1」が追加され、ディレクトリ「disk_new」にマウントされています。




次に、ディレクトリ「disk_new」に新規にファイル「test.txt」を作成してみます。
正常にファイル「test.txt」が作成できました。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




まとめ

以上が、Ubuntu 20.04 Server のディスクを増設し、自動マウントを設定する手順となります。

いかがでしたでしょうか?

ディスクを追加するだけですので、それほど、難しいし手順ではありませんので、覚えておいても損はないと思います。

正規の手順では、古いパソコンを Windows 11 へアップグレードできません。その場合の代替えとして Linux を選択することもあるかもしれません。
まー、それでも CUI ベースの Ubuntu Server を選択することはないかもしれませんが・・・

ただし、古いパソコンを Windows 11 へアップグレードする方法もありますので、あまり Linux を選択することはないですかねー



本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。



最後までお読みいただきありがとうございました。


では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Linux
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました