【Ubuntu】SambaをインストールしてLinuxマシンとファイル共有

Linux

Linux に Smba をインストールし Windows とファイルを共有する

Windows PC のほかに Linux PC も併用していると、Windows と Linux 間でファイルを共有したいケースが多々あると思います。

筆者の環境でもメインで使っている Windows PC と Linux の 検証を目的とした Ubuntu をインストールした PC があります。

その PC 間でファイルを共有することも多いため、今回は Samba をインストールし Windows PC と Linux PC 間でファイルを共有する方法を紹介いたします。

また、Linux PC にインストールしている OS は Ubuntu 20.04 Desktop(以下、Ubuntu と呼びます)となります。
なお、Ubuntu のインストール手順に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらもご覧ください。

また、Samba をインストールすることで Linux OS に Active Directory を構築することも可能です。 Linux OS に Active Directory を構築する手順も公開していますので、もし、よろしければこちらもご覧ください。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ファイル共有の構築

ファイル共有の構築手順を以下に記します。

手順
  1. Sambaのインストール
  2. 共有ディレクトリの設定
  3. 設定ファイルの編集




Sambaのインストール

では、ファイル共有の構築手順に従い実施していたいと思います。

まず、Ubuntu への Samba パッケージのインストール手順を解説いたします。


Ubuntu へログインします。

画像クリックで拡大画像を表示します

Ubuntu の ターミナルを起動します。




次に、Samba をインストールするため、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install samba
画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します



共有ディレクトリの設定

続いて、Ubuntu に共有ディレクトリを作成し、ディレクトリの権限を変更します。


共有ディレクトリを作成するため、以下のコマンドを実行します。

sudo mkdir /home/share
画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します


本稿の手順では、「home」ディレクトリに「share」という名前のディレクトリを作成し、そのディレクトリを共有ディレクトリとしています。





次に、共有ディレクトリの権限を変更するため、以下のコマンドを実行します。

sudo chmod 777 /home/share
画像クリックで拡大画像を表示します


本稿の手順では、共有フォルダへ権限はすべてのユーザーに「読み込み」「書き込み」の実行権限を与えています。




設定ファイルの編集

続いて、Samba の設定ファイルの変更手順を解説いたします。

なお、Samba の設定ファイルには共有ディレクトリの情報を追加いたします。


Samba の設定ファイルを開くため、以下のコマンドを実行します。

sudo vi /etc/samba/smb.conf
画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、Samba の設定ファイルに共有ディレクトリの情報を追加します。

画像クリックで拡大画像を表示します


以下は、Samba の設定ファイルに追加した設定例です。

[share]
path = /home/share/
browsable = yes
writable = yes
guest ok = yes
read only = no



ファイル共有の検証

Samba の設定が完了しましたので、続いては、Windows から Ubuntu の共有ディレクトリに接続してみたいと思います。




Windows から Ubuntu の共有ディレクトリへ SMB プロトコルでの接続を検証します。

画像クリックで拡大画像を表示します

Ubuntu の共有ディレクトリへ接続できました。




次に、Windows から Ubuntu の共有ディレクトリでファイルを作成いたします。

画像クリックで拡大画像を表示します

「test.txt」ファイルを作成します。




Windows で作成したファイルが Ubuntu でも認識されています。

画像クリックで拡大画像を表示します



まとめ

以上が、Samba をインストールし Windows PC と Linux PC 間でファイルを共有する手順となります。

いかがでしたでしょうか?

Samba パッケージをインストールすれば、あとは、共有フォルダの作成と共有フォルダの権限変更、また、Samba の設定ファイルを編集するだけで、Windows と Ubuntu でファイルを共有することができるようになります。

ファイル共有を構築する手順は簡単です。
ファイル共有の構築後、ファイルサーバーとしても活用できますので一度、試してみてはいかがでしょうか。




本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。





最後までお読みいただきありがとうございました。



では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Linux
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました