【仮想環境】Androidのインストール【その9】

Windows

仮想環境へ Android OS をインストール

当ブログでは、Hyper-V で構築した仮想マシンへ様々な OS をインストールする記事を紹介しています。
例えば、Windows Server 系の OS や Linux 系の OS だと CentOS や Ubuntu を仮想マシンへインストールする手順などです。

そこで、今回は Hyper-V で構築した仮想マシンに Android OS をインストールする手順を解説したいと思います。

<この記事で学べる事>

·Android OS の仮想環境へのインストール方法



また、インストールする仮想環境は、以下の2種類です。

·仮想環境(Hyper-V)

·入れ子になった仮想環境(Nested Hyper-V)


なお、入れ子になった仮想環境(Nested Hyper-V)の構築手順は割愛いたします。入れ子になった仮想環境(Nested Hyper-V)の構築手順に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Android-x86

仮想マシンへインストールする OS は「Android-x86」です。
Android-x86 とは?と、お思いの方もいらっしゃるかもしれませんので、Android-x86 に少し触れてみたいと思います。


Android-x86 とは?

Android-x86 とは、オープンソースの Android OS でパソコンにもインストールできるように作られています。

Android OS の種類としては、Android ベースの Android 版と CM ベースの CM 版があります。
また、Android 9.0 以外にも Android 7.1 や Android 8.1 など、豊富なバージョンが揃っていますので、好みのバージョンを試すことが可能なのです。


Android-x86 のダウンロード

今回、インストールする対象の OS は Android ベースの Android 版といたします。また、Android のバージョンは Android 9 といたします。


Android-x86 のサイト接続します。

画像クリックで拡大画像を表示します

Windows用インストーラーの「android-x86_64-9.0-r2.iso」をダウンロードします。

拡張子が「.iso」のファイルが、3ファイル存在します。
これはアーキテクチャの違いとなります。


以下はインストーラーに対するアーキテクチャをまとめたものとなります。ダウンロードする際の参考にしていただければ幸いです。

android-x86-9.0-r2.iso 32ビット
android-x86_64-9.0-r2-k49.iso Androidカーネル4.9
android-x86_64-9.0-r2.iso 64ビット




Hyper-V での検証

Hyper-V を使って、Android OS を仮想マシンへインストールし、動作検証を実施いたします。


環境紹介

簡単にネットワーク構成や仮想マシンを紹介いたします。

画像クリックで拡大画像を表示します

Hyper-V を構築したホストマシンはインターネット接続用ネットワーク(192.168.1.0/24)接続しています。

また、外部ルーターの DHCP 機能を使い、ホストマシンや仮想マシンに IP アドレスを割り当てています。



Android OS のインストール

Android OS のインストール手順を解説いたします。なお、仮想マシンの構築手順は、割愛いたします。仮想マシンの構築手順に関しては、別の記事でまとめていますので、よろしければこちらをご覧ください。



以下は、仮想マシンの設定となります。

画像クリックで拡大画像を表示します


名前 VirtualAndroid9.0
世代 第 1 世代
メモリ 4096MB
ネットワーク Hyper-V仮想スイッチ(外部スイッチ)




対象の仮想マシンの DVD ドライブに Android OS のインストーラーイメージファイルを指定します。
また、仮想マシンを起動します。

画像クリックで拡大画像を表示します

Android OS のインストールウィンドウが表示されます。

[Advanced Options…] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。




次に、「Advanced Options」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Auto_Installation – Auto Install to specified harddisk] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。




次に、「Auto Installer」ダイアログが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Yes] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。




インストールが完了すると「Congratulations!」ダイアログが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Reboot] → [OK] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。




なお、DVD ドライブに Android OS のインストーラーイメージファイルを指定したまた再起動を実施すると再度、Android OSのインストールウィンドウが表示されます。
その場合、[Advanced Options…] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。また、「Advanced Options」ウィンドウが表示され、[Boot from local drive] を選択し、キーボードの [Enter] キーを押します。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します


DVD ドライブに Android OS のインストーラーイメージファイルは、Android OS の起動後や Android OS の停止後に取り出してください。




次に、ブートローダーが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Android-x86 9.0-r2] を選択、キーボードの [Enter] キーを押します。



Android のセットアップ

続いて、インストールした Android のセットアップ手順を解説いたします。Andoroid スマホのセットアップとあまり変わりません。



Android の初期設定ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

言語に [日本語(日本)] を選択し [開始] をクリックします。




次に、「Wi-Fi に接続」ウィンドウが表示されます。
[すべての Wi-Fi ネットワークを表示] をクリックします。また、表示された [VirtWifi] をクリックします。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




次に、「アプリとデータのコピー」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

今回は、Android OS を仮想マシンへインストールすることを目的としています。そのため、データ引継ぎは対象外といたします。

したがって、ここでは [コピーしない] をクリックします。




次に、Google への「ログイン」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[スキップ] をクリックします。

なお、Google へログインする場合は、ここで設定するこが可能です。




次に、「アカウントの設定をスキップしますか?」ダイアログが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[スキップ] をクリックします。




次に、「日付と時刻」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

適切な時刻を選択し [次へ] をクリックします。




次に、「Google サービス」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[もっと見る] をクリックします。




数回 [もっと見る] をクリックすると、[同意する] が表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[同意する] をクリックします。




次に、「タブレットの保護」ウィンドウが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

画面ロックの解除方法をクリックします。




パターンの場合、マウスを右クリックしながらパターンをなぞることで設定することが可能です。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




PIN の場合、キーボードから PIN を設定することが可能です。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




パスワードの場合も PIN と同様です。キーボードからパスワードを設定することが可能です。

画像クリックで拡大画像を表示します
画像クリックで拡大画像を表示します




[後で行う] をクリックした場合「画面ロックをスキップしますか?」ダイアログが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[スキップ] をクリックします。




次に、「ホームアプリを選択」ダイアログが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[Quickstep] もしくは [Taskbar] を選択します。


Android が起動されます。

画像クリックで拡大画像を表示します




次に、Android のバージョンを確認します。

画像クリックで拡大画像を表示します

Android OS のバージョンは「9」です。



Android のネットワーク確認

続いて、Android のネットワークを確認いたします。



IP アドレスを確認するため、以下のコマンドを実行します。

ifconfig
画像クリックで拡大画像を表示します


正しいネットワーク情報が設定されています。

addr 192.168.1.72
Bcast 192.168.1.255
Mask 255.255.255.0




次に、DNS を確認するため、以下のコマンドを実行します。

getprop net.dns1
画像クリックで拡大画像を表示します

DNS も正しく設定されています。




Web ブラウザからインターネットへ接続します。

画像クリックで拡大画像を表示します

インターネットへの接続も問題ありませんでした。



Nested Hyper-V での検証

Nested Hyper-V を使って、Android OS を仮想マシンへインストールし、動作検証を実施いたします。


環境紹介

簡単にネットワーク構成や仮想マシンを紹介いたします。

画像クリックで拡大画像を表示します

Nested Hyper-V を構築したホストマシンは内部用ネットワーク(192.168.255.0/24)に属しています。

また、内部ルーター(FW)にも DHCP 機能はありますが、内部ルーター(FW)とは別に DHCP サーバーを用意しています。


ホストマシンと仮想ホストマシンは DHCP のスコープ外としています。仮想 Android のみ DHCP 機能で IP アドレスを割り当てています。


ネットワーク検証として、DNS サーバと DHCP サーバーを停止させた状態で、Android に手動で IP アドレスや DNS、また、ルーティングを設定しました。

Andoroid 9 では、ping コマンドで外部ルーターまで到達できましたが、Google Public DNS(8.8.8.8)まで到達できませんでした。

Andoroid 7.1 では、traceroute で Google Public DNS(8.8.8.8)まで到達できましたが、Web ブラウザからインターネットへの接続ができませんでした。

引き続き、ネットワーク設定に関しては検証してみようと思います。



Android OS のインストール

次に、Android OS のインストールですが、「Hyper-V での検証」の「Android OS のインストール」と重複しますので、手順は割愛いたします。



続いて、仮想マシンの設定となります。

画像クリックで拡大画像を表示します


名前 VirtualAndroid
世代 第 1 世代
メモリ 4096MB
ネットワーク 仮想Lan(内部スイッチ)




Nested Hyper-V の Andoroid には、2つ目のネットワークアダプターを追加します。

画像クリックで拡大画像を表示します

有線 LAN 接続を設定するために追加しています。



Android のセットアップ

続いて、Android のセットアップですが、「Hyper-V での検証」の「Android のセットアップ」と重複しますので、手順は割愛いたします。

ただし、Android の初期設定ウィンドウが表示された時点で、有線 LAN へ接続されています。

画像クリックで拡大画像を表示します

次のステップの Wi-Fi 設定が不要となります。




有線 LAN へ接続されていますので、ネットワーク接続アイコンが無線 LAN とは違います。




Android のセットアップ手順が完了すると、Android が起動されます。

画像クリックで拡大画像を表示します



Androidからのインターネット接続

続いて、Nested Hyper-V に構築した Android のネットワークを確認いたします。



IP アドレスを確認するため、以下のコマンドを実行します。

ifconfig
画像クリックで拡大画像を表示します


正しいネットワーク情報が設定されています。

addr 192.168.255.212
Bcast 192.168.255.255
Mask 255.255.255.0



次に、DNS を確認するため、以下のコマンドを実行します。

getprop net.dns1
画像クリックで拡大画像を表示します

DNS も正しく設定されています。




Web ブラウザからインターネットへ接続します。

画像クリックで拡大画像を表示します

インターネットへの接続も問題ありませんでした。



Android の終了

最後に Android の終了方法を紹介したいと思います。



まず、仮想マシンからの終了方法です。

仮想マシンの [Ctrl + Alt + Del] をクリックします。




次に、サイドメニューが表示されます。

画像クリックで拡大画像を表示します

[電源を切る] をクリックし、Android が終了します。




次に、コマンドラインからの終了方法です。

Android を終了するため、以下のコマンドを実行します。

halt
画像クリックで拡大画像を表示します

Android が終了します。


キーボードの [Alt] + [F1] を押すと、コンソール画面に切り替わります。

また、キーボードの [Alt] + [F7] を押すと、コンソール画面から復帰すします。



まとめ

以上が、Hyper-V で構築した仮想マシンに Android OS をインストールする手順となります。

いかがでしたでしょうか?

インストールに関しては、Windows や Linux などの OS をインストールできる方なら特に難しい手順はないはずです。
どちらかと言うと、仮想環境の構築を実施していない方の方が多いかと思います。
いずれにしても、仮想環境の構築、Android OS のインストールとも難しくはなかったのではないでしょうか。

また、使い道は人それぞれ様々ですが、スマホ(Android)のバックアップ機として、また、スマホ(Android)にインストールする前のアプリケーションの検証など、仮想マシンにインストールした Android の用途は可能性があると思います。

不要になれば、まるごと仮想マシンを削除すればよいので、その点も手軽です。

仮想環境構築の参考にしていただければ幸いです。



本稿をご覧になっていただいている読者様の中で、もし、インフラエンジニアを目指している方、もしくはインフラエンジニアに興味がある方がいらっしゃれば、スクールで学ぶことも「あり 」です。
いくつかインフラ系の技術が学べるスクールをピックアップいたしましたので、ご検討の一助となれば幸いです。

 スクール  受講料  受講期間  ポイント
ササエル 19,800円 14レッスン 初級のインフラエンジニアに特化したオンラインスクールです。インフラエンジニアを目指すなら、まずはここから!?
98,000円 15レッスン 初級の次は中級も学べます。
TechAcademy [テックアカデミー] 174,900円(※1) 4週間プラン コースにより、若干、インフラ要素あり。また、学べる言語が細分化されているので、目的に合ったコースが選べます。
【CCNAコース ウズウズカレッジ】 33,000円/月 1ヶ月~ 応募資格を満たしていれば、無料特待プランで受講料が無料!?
初心者OK!KENスクール 187,000円(※2) 50時間 ネットワークコースのLinuxレベル1取得講座。Webサーバーの構築まで学べます。
119,900円(※2) 30時間 ネットワークコースのWindows Server構築講座。クライアントOSの管理操作を学べます。
※1.フロントエンドコースの料金です。学生の場合、料金は163,900円と割引があります。
※2.スクール提携企業特別割引の場合、受講料が10~15% OFF、入会金無料。学生割引特典の場合、全講座料金 20% OFF。



最後までお読みいただきありがとうございました。

では。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Windows
スポンサーリンク
たまおをフォローする
スポンサーリンク
たまーのテクノロジー
タイトルとURLをコピーしました